2011年12月21日

ようやく冬支度が完了しました^^;

 ようやくハウス内の冬支度が完了しました!
まだ終わっていなかったのかっと突っ込まれそうですが、クラウン加温の配管修理の他、今シーズンは初めてハウス加温機を動かす準備や、初めての内張り(といってもハウスの外周のみですが)を張ったので、結構時間がかかってしまいました。

(白いチューブがクラウン加温の温水が通るんですが、付け根の塩ビ管が折れていました)
20111219092758_冬支度クラウン加温.jpg
(クラウン加温のコントローラー、汎用チラーです)
20111219092733_冬支度暖房機.jpg

(左側が内張りとして張った "エコポカプチ" という保温資材です)
20111219092652_冬支度エコポカ.jpg

(高設ベンチ下にはスカートを巻きつけました)
20111219092702_冬支度スカート.jpg

(廿日市いちごファームの山本さんから頂いた加温機、一発始動でした)
20111219165946_冬支度暖房機.JPG
(ハウス外部の加温機から引き込んだダクトです)
20111219160349_冬支度ダクト.jpg20111219160357_冬支度ダクト2.jpg

(ハダニの天敵、苺農家の友であるミヤコカブリダニが越冬するためのワラタバ)
長さ約20センチ、直径2センチ程度のワラを紐で結んだだけの簡単なものです。
20111219164739_冬支度ワタラバ.jpg
10月初旬に放飼したミヤコ君がこのワラタバの中で越冬してくれる事を期待しています。ちなみに昨シーズンは越冬してくれたようでした。今度ルーペで生きてくれているか確認してみます。

(ハウス内全体の様子)
20111219092717_冬支度ハウス全体.jpg

 昨シーズンまではクラウン加温以外全く「冬支度」をしていなかったのですが、今シーズンは出来る範囲で冬支度をしてみました。苺が冬眠状態になってしまうと、花の連続出蕾が遅れてしまい、収穫量が激減してしまうのですが、これである程度の結果が出ると考えています。
 他にも暖房機の稼動による炭酸ガス施用効果など、副次的な効果も期待しながら、一つ一つ検証を進め、次のシーズンのためにナレッジを蓄積したいものです。

いよいよ冬本番、皆さんも風邪など引かぬようご自愛頂き、年末年始も美味しい苺をたくさん食べて元気をつけて下さい^^ノシ

posted by もといふぁーむ at 08:59| 島根 ☁| Comment(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。